士業の本当のことについて書いていきます

看護師のニーズ

[2014-04-01 14:27]

士業のひとつでもある看護師は、常に不足しています。高齢化に伴い、医療や看護が必要となる人が増えているというのが現実です。

看護師の多くは、女性ですので、結婚や出産などに伴い、職場を去ることも多い傾向にあります。また、医療は日々進歩していますので、いざ復帰しようと思っても、知識などが足らず、復帰を断念する人も少なくはありません。

士業であろうとも、日々進歩する世の中では、実際には役立つことが難しいという世界であるというのも現実です。士業の中でもとくに変化が多く、体力も必要である分野であるため、常に不足していると言っても過言ではありません。

また、病気やけがの人と接する職業なので、メンタルの強さも必要とされるため、長続きしない人も多いです。さらには、経験と知識を必要とする場面が多く、人の命にかかわることなので、責任感も重要視されるのです。

看護師は、病院のような医療施設のほかにも、企業やデパートの保健室などにも必要とされます。

医師のニーズ

[2014-03-25 13:23]

医師は怪我や病気の治療を行う医療の専門家として病院やクリニックで活躍しています。士業資格と同様に国家試験に合格した人のみが医師になることができますが、士業資格と異なり大学の医学部を卒業した者のみが医師国家試験の受験資格を得ることができます。そのため国家試験の受験者が限定されることから、士業資格の試験と比較して合格率が高い傾向にあります。

しかし大学の医学部へ入学するのは非常に難しく、入学後にもハードな課題が多く課せられるため医師になる者の資質はかなり高いです。国家試験に合格すると研修医として大学病院などの大きな病院で、経験豊富な医師の指導の下で実務に就きます。そのようにして十分な経験を積んだ後に一人前の医者になることができます。

その後は大きな病院で働く医者もいれば、自らクリニックを開業して働く医者もいます。大きな病院で働く場合は重い病気や怪我の治療を行う事になるので大変やり甲斐のある仕事だと言えます。

司法書士のニーズ

[2014-03-18 15:22]

司法書士は土地や建物などの不動産登記、会社や法人などの商業法人登記の手続きや裁判所に提出する訴状、答弁書などの書類の作成などさまざまな法律事務を本人に代わって行う専門家です。

司法書士は名前の後ろに士がつくことから士業などと呼ばれてりしています。士業の特徴は資格を取得すれば自分で事務所を構えて独立して仕事をできるというところに大きな魅力があると言えます。

そこで士業の中でも司法書士は今後も人々に対してかなりニーズがあると言えます。司法書士の従来の業務である登記事務や裁判事務は今後も一定のニーズがあるのですが、それ以外にも今後高齢化社会が進むにつれて高齢者が増えていく関係で相続関係の仕事や後見関係の仕事のニーズが増えていきます。

特に相続関係の仕事において、司法書士は相続による不動産登記の手続きである相続登記だけでなく、その他の相続に関する手続きも財産管理業務として行うことができるのでかなり活躍することができると言えます。

■お勧めサイト
企業出版なら幻冬舎
「新しい顧客との出会いが欲しい」「自社のメッセージを深く伝えたい」等、貴社の課題を書籍出版を通じて解決することが目的です。
クリニック経営を年間セミナーで学ぶ
年4回のセミナーで医院の経営を成功させるヒントを得る
http://www.e-fukuyoshi.com/safety/002/
現場で使える指示標識で管理を楽に