士業の本当のことについて書いていきます

医師のニーズ

[2014-03-25 13:23]

医師は怪我や病気の治療を行う医療の専門家として病院やクリニックで活躍しています。士業資格と同様に国家試験に合格した人のみが医師になることができますが、士業資格と異なり大学の医学部を卒業した者のみが医師国家試験の受験資格を得ることができます。そのため国家試験の受験者が限定されることから、士業資格の試験と比較して合格率が高い傾向にあります。

しかし大学の医学部へ入学するのは非常に難しく、入学後にもハードな課題が多く課せられるため医師になる者の資質はかなり高いです。国家試験に合格すると研修医として大学病院などの大きな病院で、経験豊富な医師の指導の下で実務に就きます。そのようにして十分な経験を積んだ後に一人前の医者になることができます。

その後は大きな病院で働く医者もいれば、自らクリニックを開業して働く医者もいます。大きな病院で働く場合は重い病気や怪我の治療を行う事になるので大変やり甲斐のある仕事だと言えます。

おすすめサイト